2015年08月11日

蒼い夏

     2015-08-10_IGP5837.jpg

会津には海はないけれど湖がある。周囲約50キロ、国内で4番目の大きさを誇る湖、猪苗代湖だ。別名「天鏡湖」と呼ばれるように天を映す湖。会津では猪苗代湖を「海」に見立て、節になれば海水浴ならぬ「湖水浴」で各浜は多くの人で賑わう。湖岸から、はしゃぐ子供達を眺めるだけでもいいものだ。

僕はなぜか岡本おさみの詞「蒼い夏」(作曲は吉田拓郎)の一節を思い出す。

 いつか亡びる この海が
 肌をじりじり こがすので
 今夜きっと寝つかれぬでしょう

夏は夏らしく、人は人らしく・・・穏やかな時間が流れることを祈らずにいられない。
posted by 生出道憲 at 16:15| Comment(2) |