2016年05月27日

落陽

     2016-05-27.jpg

「落陽」を見れば“しぼったばかりの〜 夕陽の赤が〜”と唄いたくなる世代である。ギターがあればカポ3のAm Em Am F G Amと条件反射でストロークすることは間違いない。

さて会津地方の田んぼにも水が入り、田植えもほぼ終わったようだ。写真では一部の切り取りになってしまうが、夕陽の頃、雄国沼から会津盆地を見下ろしてみると、こんなに田んぼがあったんだと、今更ながらに気がつくのであった。そしてその様は、まるで湖のようにも見えるから面白い。波紋はできないけれど、走る車はオレンジ色の湖面を滑走する小舟のよう。
posted by 生出道憲 at 07:48| Comment(0) | 夕景

2016年05月10日

新緑の候

2016-05-07_IMG6109.jpg

天栄村の「明神滝」は小さいながらも趣のある滝だ。田んぼに水が入る頃、ツツジやヤマブキが花を付け、またひとつ季節が先に進んだことに気がつく。一年の3分の1が過ぎてしまった。

地球温暖化と騒がれて久しい。その影響なのかどうか定かではないが、季節の移り変わりや気象そのものが極端になってきた。かつて日本で竜巻が発生したことがあっただろうか?大雪、大雨も然り。大地は前例がないという揺れが続いていて、いつ終息するのかすら判らない。

海の向こうでは極端な発言をする大統領候補が支持を集め、大義名分のない争いは多くの犠牲者と難民を作り出した。己の言い分をミサイルに託し撃ちまくる姿は、電車の中で周囲を気にせず泣き叫ぶ子供のごとく・・・である。

歪んでしまった自然が、人間の心にまで影響を与えているのだろう。いや、歪んだ人間が自然を歪めてしまった・・・そう考えたほうが合点がいくのかもしれない。流れ落ちる水の行く末を案ずるのは少々マイナス思考だろうか?
posted by 生出道憲 at 08:20| Comment(2) |