2018年04月24日

春のパレット

_0192279.jpg

わずか一ヶ月前、随所に残雪があり寒々としたモノトーンに支配されていた大地。そしていま、地上は命の輝きが眩しいほどに輝いている。カタクリが咲く大地は、春という季節を描くためのパレットに思えてきた。
posted by 生出道憲 at 08:50| Comment(0) | カタクリ

2018年04月12日

花雪洞

_0081871.jpg

満開の桜の下にもぐりこんで首が痛くなるくらい花雪洞を見ていた。全体像はそれはそれで魅力はあるだろうが、僕はどちらかというと、こんなアプローチの方が好き。陽が沈むとライトアップされて、無理やりステージへ上げられるようで、なんだか桜が気の毒だ。暗くなったらなったで、この花雪洞を静かに堪能しようではないか。
posted by 生出道憲 at 22:47| Comment(0) |

2018年04月02日

あっという間の春真っ盛り

_0021582.jpg

春の足音はそっと慎ましやかであってほしい。ふと気がついたら春がそばにいた、なんていうのがいい。今年はドタバタと無粋な音を立てながらの訪問で、情緒もへったくれもない。桜の開花もいきなりすぎて、心の準備をする間も無く、すでに満開を迎えた木もある。
posted by 生出道憲 at 22:45| Comment(0) | カタクリ