2015年07月10日

雫の森

2015-07-04_IGP8643.jpg

森は海に似ているな、と思うことがある。一滴の雫が集まって川になり、やがては海になる。

森は目に見えない小さな微生物、熊やカモシカなどの大型の獣、そして名も知らぬ虫や植物たち、果ては樹齢数百年の巨木など、多くの生命が運命共同体のごとく深いつながりで成り立っている。森に集うたくさんの生命達を、それぞれ一滴の雫とすると、森は海に似ていると思ったのだ。

森の中に生きるひとつひとつの生命の結びつきをうらやましいと思う。

僕が森の中に足を踏み入れるのは、彼らの素敵な結びつきに少しでも近づきたいというささやかな願望があるからだ。しかし現代に生きる我々にとって森の中に入ることはすでに非日常的な行為なのである。

多くの人が無言で行きかう交差点で、僕は森のことを考えていた。

豊かで便利な生活を否定するものではないが、森の中に入る時間が多くなるにつれ、自分の居場所が人間社会にはなくなってしまうような気がして・・・。

樹齢300年は経っているであろう山毛欅に会いにいった。空を隠すかのように広げた枝には緑がまぶしいほど輝いていた。僕は、森の中の雫に、ほんの一瞬だけど近づけたような・・・そんな錯覚をした。
posted by 生出道憲 at 19:35| Comment(0) | 山毛欅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: