2016年02月16日

雪見だいふく

2016-02-16_2110400.jpg

甘いものは・・・ほんのすこし口にすれば十分。実際「雪見だいふく」を食べたのは、いつだったかわからないくらいむかしの話。自分から買うことはまずない。「どうぞ」と云われればいただくこともあるだろうけど(笑) しかし冬期間、この沼に現れる「雪見だいふく」だけは別である。自ら欲して会いにいく。暖冬の影響でようやく出来た雪見だいふくを愛でること一時間あまり。光の加減がいまひとつだったが、まぁ〜これはいたしかたあるまい。
posted by 生出道憲 at 07:54| Comment(4) | 雪原

2016年02月04日

やわらかな曲線

     2016-02-03_1310039.jpg

湿地に積もった雪がやさしい曲線を描いていた。見ようによっては・・・砂漠の雪景色のようにも見えるし・・・中年男の三段腹にも見えるし・・・。見方も感じ方もいろいろであろう。いずれにせよ曲線や丸いものを見ると穏やかな気持ちになる。宇宙に散らばる星々も丸いし、僕らの体を作っている細胞だって丸い。元来何もかもが丸いものなのだろう。しかし人の心だけはそうもいかないようだ。尖ったり、歪んだり・・・。現代に山積する問題は頭を三角にしても解決策は容易く見いだせない。
posted by 生出道憲 at 07:38| Comment(0) | 雪原

2015年12月28日

ようやくの雪

2015-12-28_C281489.jpg

暖冬の影響で雪の少ない12月。ようやく寒波が来てくれて山が雪化粧を披露してくれた。気がつけば今年もあと数日。今冬はどのくらい雪景色の撮影が出来るだろうか?
posted by 生出道憲 at 17:20| Comment(0) | 霧氷

2015年11月16日

レッドカーペット

2015-11-16_B090177.jpg

山は晩秋の様相だ。すでに初雪も観測され冬は本番を前にスタッフルームで本番を待っている。モミジが敷かれた階段はさしずめレッドカーペット。冬はこの階段をのぼってステージに立つ。今冬はどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろう?
posted by 生出道憲 at 08:23| Comment(0) | 落葉

2015年11月06日

黄金色の湖面

2015-11-06_A271465.jpg

秋の陽は以外と強烈だ。陽が射すと青の世界から、一気に黄金色の輝きがあたりを支配する。目を開けているのがつらいほど。湖面にわき上がる霧がさらにドラマを盛り上げる。
posted by 生出道憲 at 12:55| Comment(2) |

2015年10月17日

ツムジクラの滝

2015-10-18_IMG4669.jpg

今年は秋の訪れが例年に比べ、ちょっとだけ早いようだ。色づきも昨年よりはいいように感じている。しかし20年も前に見た鮮やかな紅葉にはほど遠い。いろんなことが影響しているのだろうが、徐々におかしくなりはじめた地球の自律神経は、この先いったいどうなってしまうのだろう。深山の滝の音だけは辛うじてむかしをとどめていた。
posted by 生出道憲 at 22:30| Comment(2) |

2015年09月27日

キノコの森

2015-09-27_9273499.jpg

森のあちこちでキノコが顔を出し始めた。気をつけないと踏んでしまうほどの小さな傘。苔むした倒木の上にもちょこんと乗っかっていた。さっそく腰を下ろして記念撮影。射し込む陽を浴びた彼らは、まるでスポットライトを浴びたアイドルのよう。心の中で「きのこちゃ〜ん!」と声援を送った。
posted by 生出道憲 at 18:51| Comment(2) | キノコ

2015年09月01日

矢の原湿原

2015-09-01_IMG4329.jpg

今日から9月。しかし気温は8月20日過ぎあたりから30度を超える日は一日しかなく、気温だけは暦を先取りしていた。先日昭和村の矢の原湿原を訪れてみた。ヒツジグサの葉は既に色づいていた。季節を敏感に感じているのか、それとも夏の暑さにやられてしまったのか定かではない。白い小さなヒツジグサの花が遠慮がちに顔を出していた。
posted by 生出道憲 at 07:48| Comment(2) |

2015年08月11日

蒼い夏

     2015-08-10_IGP5837.jpg

会津には海はないけれど湖がある。周囲約50キロ、国内で4番目の大きさを誇る湖、猪苗代湖だ。別名「天鏡湖」と呼ばれるように天を映す湖。会津では猪苗代湖を「海」に見立て、節になれば海水浴ならぬ「湖水浴」で各浜は多くの人で賑わう。湖岸から、はしゃぐ子供達を眺めるだけでもいいものだ。

僕はなぜか岡本おさみの詞「蒼い夏」(作曲は吉田拓郎)の一節を思い出す。

 いつか亡びる この海が
 肌をじりじり こがすので
 今夜きっと寝つかれぬでしょう

夏は夏らしく、人は人らしく・・・穏やかな時間が流れることを祈らずにいられない。
posted by 生出道憲 at 16:15| Comment(2) |

2015年07月22日

暑中お見舞い申し上げます

2015-07-22_IGP8710.jpg

とにかく暑い。30度を軽く越える気温が続く。こんな日は滝の飛沫を浴びるに限る。それとも・・・エアコンの効いた部屋でおとなしくしていたほうがいいかな。いずれにせよ、みなさん、とにかくご自愛ください。
posted by 生出道憲 at 12:49| Comment(0) |